<この記事は2015年4月時点の情報でふ>

キャンディのバスターミナルからバスに揺られてうねうねの山道を2時間半、到着した高原避暑地ヌワラエリヤは国内旅行者でごった返す軽井沢wみたいなとこだった。しかもバスターミナルに到着する直前に、乗ったバスが乗用車と衝突しやがってもうてんやわんやw 誰も怪我していないし面倒は嫌だったので、うちらは衝突後すぐにバスを降りキャリー転がしながらホテルへ向かう。うん、この街は涼しくてとても気持ちがよいぞ。

今夜のお宿はHotel Treveneゆうイギリス植民地時代の築150年ゆう建物を使ったコロニアルホテル。ヌワラエリヤには、こうゆうコロニアルなホテルがたくさんあるんだが、どれもかなりお値段が張るので一番リーズナブルなここにしたゆうわけ。
DSC01281
ホテルの門。門柱にちっさく「Trevene」としか書いてないので注意。ここがホテルだなんてわかんねえよ!

DSC01280
緩やかな坂道を上って行くと家庭菜園的な看板。

DSC01271
ホテル入口。お好きな方はここで座りしょんべんするレベルに興奮すると思う。

DSC01272
では中へ。

DSC01270
チェックインまでに少し時間があったので、リビングに通されウエルカムドリンクの紅茶をすすり待機。

DSC01275
部屋。築年数はかなり経っているが中はキレイ。広さもちょうど良く静かで快適。


DSC01276バスルーム。バスタブがある部屋もあるらしい。

DSC01277
ホテル入口のかわいい朝食ルーム。

DSC01342
朝食。アメリカンスリランカスタイル?パパイヤジュース、バナナ、好きな卵料理、パン、バター、ジャム、紅茶。

DSC01344
ホテル前にはちっさなイングリッシュガーデンもあり、天気が良ければ外茶可能。

trevene
ホテルのそばに似たような名前のホテルがあって地図もなんか場所が変なんだけど、正確な場所はこの地図の通り。

スリランカ正月と時期がかぶったので1泊8000円くらいしたが、それ以外の時期は5000円くらいで泊まれるみたいだぞ。立地も良いし、リーズナブルにコロニアルホテル泊まりたい人はぜひ。

Hotel Trevene Nuwara Eliya
http://www.hoteltrevenenuwaraeliya.com 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事