こんにちは、とも先生です。

昨日に引き続き今日も激辛料理ネタですw

日本から出張でやって来たK兄さんとGenoと、ナラティワート通りの「Ter Restaurant」で激辛タイ東北部イサーン料理を思い切り食べ散らかしたことは昨日書きましたが、その次の日もK兄とバンコク長期在住組たちで激辛で有名なタイ南部料理を食べに行ったんです。

1日目/激辛タイ東北部料理→2日目/激辛タイ南部料理

まさか!2連チャンで激辛タイ料理食べるとは思ってなかったんだけど!とも先生そんなに辛いもの得意じゃないんですけど実は!!w

というわけで、スクンビット・ソイ22の奥の方にある「Klangsuan Restaurant/ร้านอาหาร คลังสวน」で、伝統的なタイ南部料理をいただきます。
BlogPaint
↑お店はBTSプロンポン駅からだと距離にして約1.5km。歩くのも大変なので車でぴゃーっと行っちゃいましょう。一軒家タイプの隠れ家的なレストランだね。

BlogPaint
↑看板はとってもキュートなんだけど…キュートなんだけど…ぶるぶる身体が震えるよ。

BlogPaint
↑店内はガラス張りなので、日中は遮光スクリーンを下げてもらわないと暑くて食事どころじゃなさそうw

BlogPaint
↑でもなかなかオサレ的なレストランです。テーブルの間隔がゆったりしているのがいいね。

BlogPaint
↑メニューに写真は載っていないけど、英語併記で食材や調理法まで書いてあるからとっても分かりやすいよ。とも先生にとってこれはとてもうれしい。

このお店の料理は、60年以上守り続けているタイ南部の伝統的なホームメイドレシピを元に作っているんだって。楽しみー。

BlogPaint
↑まずはおビールをいただきます。ここはクラフトビールの種類が豊富なんだけど、ゴクゴクたっぷり飲みたい時は量が物足りないので500ml缶のSnowy Weizen(190バーツ=約670円/+17%)を。

ちょっと待て!これコンビニで1缶55バーツで売ってるやつやんけ!4倍の値段で売るならもうちょっとなんとかプレゼンテーションを考えてくれ!テーブルに缶を置きたくないぞー!w

BlogPaint
↑ではお料理行きましょう!まずはKaeng Som Suan Pla(350バーツ=約1,230円/+17%)。お魚とタケノコのカレーですが、これは…めちゃくちゃ辛いー!辛さの中の旨味とかそういうのを感じ取れるレベルまで行けませんでしたゴメンナサイ!

BlogPaint
Sataw Kao Pad Kapi Goong(180バーツ=約630円/+17%)は海老とサトー豆の炒め物。これも辛いけどさっきのカレーほどじゃないな。それよりもサトー豆に独特の風味があるのでこれは好き嫌いの分かれる料理かも。とも先生はサトー豆大好き。

BlogPaint
Bai Liang Pad Khai(160バーツ=約560円/+17%)。バイリアンというタイ南部で採れる葉を卵とニンニクで炒めたもの。まったく辛くないので箸休めに最適。パンに挟んでサンドウィッチにしたら美味しそう。

BlogPaint
Pad Phet Chicken(160バーツ=約560円/+17%)は鶏肉のスパイシー炒め。辛いけど他のお料理がとんでもなく辛いので慣れちゃったw ご飯がすすむ味で美味しい。

BlogPaint
↑そしてラスボス的なKaeng Tai Pla(180バーツ=約630円/+17%)。これは魚の内蔵を発酵させて作る独特の調味料がふんだんに使われていて、辛さもさることながらけっこうクセのあるお味。ハマる人はどハマりしそう。

BlogPaint
Khua Kling Moo(150バーツ=約530円/+17%)はドライカレー的な見た目で思わずご飯に乗せてウキウキで食べてしまいそうになるけど、これ…激辛もいいとこ!なにこれ!辛すぎて味がよくわからない!w とりあえず豚挽き肉の炒め物です!

BlogPaint
↑辛味と刺激で麻痺した口内は生野菜で癒してあげましょうw

BlogPaint
Kai Tom Kah(160バーツ=約560円/+17%)は、トムカーガイとして比較的知られているココナツミルクベースのマイルド系チキンスープ。生姜に似たカーのさわやかな香りが食欲をそそります。なんかこれ救世主って感じw ご飯と一緒に。

BlogPaint
↑デザートには濃厚なRiceberry Ice creamとCoconut Ice cream(各65バーツ=約230円/+17%)を。シティバンクカードでお会計すると1つ無料にしてくれるって。

辛いものが大丈夫な人は、伝統的なタイ南部料理の神髄をじっくりと味わうことができると思います。ただ、一般的なタイ料理レストランという認識で行くのはかなり危険かとw とも先生も激辛慣れしてもっといろいろなタイ料理を食べてみたいんです本当は!頑張る!


店名: Klangsuan Restaurant/ร้านอาหาร คลังสวน
場所: 143 Sainumthip2, Soi Sukhumvit 22, Khwaeng Khlong Toei, Khet Khlong Toei, Bangkok 10110
電話: 061-6156576
営業: 11:00-14:00/18:00-22:00(火〜金),11:00-22:00(土日),月曜日お休み
Facebook: https://web.facebook.com/Klangsuan/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事