こんにちは、トモ先生です。

この前の日曜日、久しぶりにタイ料理教室があったので午前中からいそいそと外出。ところが、先生のお宅まで行ったけど先生がいない…へ?

電話してもメッセージ送っても音沙汰無し…30分以上待ったけどこりゃどうしようもないということで撤収。時間がぽっかり空いたのでお教室のみんな5人でランチへ行くことに。

*先生はなんと具合悪くして病院でぐったりだったそうな…お大事に。

というわけでやって来たのは、タクシーで連れていってもらったからよくわかんない!リバーサイドのミレニアムヒルトンホテルそばのタイ料理屋さん「Charoen Thai Suki」です。なんでもタイスキがオススメらしく、腐乳(豆腐を発酵させた食品)入りの付けダレが美味しいそうな、楽しみ☆
BlogPaint
↑お店はLat Ya通りに面していて赤い提灯が目印です。

BlogPaint
↑店内は4人がけテーブルの他に円テーブルも有り〼。通りに面したガラスが大きいので店内明るくて気持ちいい。

BlogPaint
↑メニューには英語表記もあるので安心☆

BlogPaint
↑タイスキ頼んだらまず野菜が来ました、白菜となんかの青菜。自分たちでちぎって鍋に投入。

BlogPaint
↑そしてタイスキ用のタレ。なんでも腐乳(豆腐を発酵させた食品、沖縄の豆腐ようみたいの)の入ったクラシックな付けダレだそうな。舐めてみたらそんなに辛くなくて、腐乳はふわって香るくらい。腐乳の強いクセはそこまでじゃないから丁度良くて美味しい♡

BlogPaint
タイスキコンビネーションセット(450バーツ)が来ました!豚肉、鶏肉、海老、イカ、練り物など盛りだくさん。卵は鶏卵とアヒルの卵のミックス!

BlogPaint
↑お鍋は店員さんが作ってくれました。

BlogPaint
↑タイスキが出来上がるまでに他のお料理でビール飲みましょう。これはムール貝のなにかw(150バーツ)。各種ハーブと合わせてあって、辛味は強いけどさわやかで美味しい!

BlogPaint
↑これはムーマナオ(120バーツ)。茹でた豚さんにマナオ(タイレモン)の効いた辛いタレがかかっています。すごくさっぱりしていて美味しい!

BlogPaint
↑さあさあお鍋が煮えてきたのでみんなでいただきまーす☆

BlogPaint
↑お椀によそって少しずつタレを付けながらいただきます。おいちい!

BlogPaint
↑足りなければ具はいくらでも追加注文できます。練り物(70バーツ〜)

ちなみにビールはレオビール大瓶(90バーツ)でした。

お昼ちょっと前に入店したんだけど、気付いたら店内満員になっていました!ちょっと気軽にふらっと行く場所ではないけど、ミレニアムヒルトンホテルをはじめとしたリバーサイドあたりに滞在中だったら、徒歩かタクシーでちゃっと行けますよー。


店名: Charoen Thai Suki/เจริญไทยสุกี้ 106
場所: 596-598 Lat Ya Road, Khwaeng Khlong San, Khet Khlong San。ミレニアムヒルトンホテルから徒歩8-10分、BTSクルントンブリ駅からタクシーで5分くらい。
電話: 02-4390556
営業: 11:00-23:00
FB: https://web.facebook.com/charoenthaisuki106


Warning: getimagesize(/home/tomosensei/teacher-tomo.com/public_html/wp-content/uploads/imgs/5/7/5787ae71-s.jpg): failed to open stream: No such file or directory in /home/tomosensei/teacher-tomo.com/public_html/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508

Warning: getimagesize(/home/tomosensei/teacher-tomo.com/public_html/wp-content/uploads/imgs/4/8/4859ad3e-s.jpg): failed to open stream: No such file or directory in /home/tomosensei/teacher-tomo.com/public_html/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事