こんにちは、トモ先生です。

今日から、春休みに行った「35日間世界一周旅行」のことを少しずつ書いていこうと思います。かなりネタがあるので1日1記事としても3ヶ月くらいかかってしまうかもしれませんが、どうぞゆるふわにお付き合いください。

さて、この日はバンコクを出発する日。フライトが深夜00:20発だったので、少し早めにスワンナプーム空港へ行きラウンジで休憩することにしました。今回は、オープンとともにプライオリティパス対応にもなったターキッシュ・エアライン(トルコ航空)の新しいラウンジ「Turkish Airline Lounge」へ。

場所はコンコースD、日本航空(JAL)サクララウンジの向かいにあります。
ラウンジ内は…なんだろう…突貫工事で完成させました感が満載でちょっとチープな雰囲気。
ラウンジ中央にバーカウンターがあり、ビール以外のお酒はここで注文します。
ここはフードカウンターですが…それほど品数はなさそうです。
スープはレンズ豆のスープ。濃厚でこれは美味しい。
温かい料理はチキンストロガノフとマカロニのトマトソースがありました。
水、ソフトドリンク、ビールは冷蔵庫の中。コーヒー紅茶はカウンターに。
本格的なトルコティーやトルココーヒーがいただけるのは魅力的。
専用のグラスでいただくトルコティー。熱っ!w
トルコチーズのサンドウィッチ、ナツメヤシとナッツのケーキなどトルコ色も随所に。
ラウンジ内のWifi速度。遅いけど別に不便ではないです。

写真の他、ラウンジ内のキッチンに専用オーブンが設置され、焼き立てのトルコピザがいただけるということだったのですが!…どうやらランチやディナータイムのみの提供らしく、トモ先生が訪れた夜23:00過ぎにはピザのピもありませんでしたw

新しいラウンジということでかなり期待して行きました。随所にトルコ色をちりばめていてなかなか楽しかったのですが…しっかり食事をとりたい時は別のラウンジかなw

以上です🌟

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事