こんにちは、トモ先生です。

世界一周旅行3日目@ペルー・クスコ。

いよいよやって来ましたペルーのクスコ!もう世界遺産マチュピチュ遺跡に行きたくてうずうずしているのですが、マチュピチュ行きの列車は明朝発なので、今日はクスコに1泊して観光します。インカ帝国の首都でもあったペルーの古都クスコは、トモ先生の大好きな古い建物が佃煮のように建っていてそれだけでもう大興奮!

そしてクスコって標高3,400mもあるんだよ!空港へ着いたばかりの時は全然感じなかったけど、いつもと同じような速度で歩いたり、いつもと同じような感覚で階段を上ると、もう息が切れてゼイゼイバアバアwww

あまりアクティブに動きすぎても翌日以降の体調が心配なので、約2時間でサクッと市内観光をしました。クスコの歴史地区を中心にゆっくり歩いてみたよ🌟

クスコ歴史地区のホステルを出発してまずはアルマス広場へ。観光客多し。
アルマス広場に建つ、1654年に建造されたクスコ大聖堂。
広場をさらっと見学したら細い路地を歩きます、土産物屋さんがたくさん。
日本の城壁にも見えるこの道はとっても有名な道。
「12角の石」を見つけられるかな?トモ先生は見つけるまでに15分かかりましたw
ここはインカ帝国時代に建てられた太陽信仰の中心地である太陽神殿。
内部は博物館になっているので入場(15ソル=約500円)。
石造りのひんやり感がたまらんw 観光客は多いけどとても静か。
中庭はトモ先生の好きなコロニアル、ため息出ちゃうね。
神殿から臨むクスコ市内。
ギャラリー的な展示室もいくつかありました。
太陽神殿の後はサンペドロ中央市場へ。夕方だけどまだ活気でむんむん。
とんでもない量と種類のチーズが売っているよ。
こちらはお土産物屋さん。木工芸品が中心の品揃え。
市場内にはフードコートみたいに飲食店も集まっているよ。美味しそうなものがたくさん!
そして最後に再びアルマス広場へ戻ってきました。約2時間のサックリ観光。

クスコ市内には他にも見どころがたくさんありますが、翌日以降の観光に負担をかけないように、標高の高いクスコで無理をしないように、って考えると2-3時間の散策がちょうどいいのかな。主だったポイント+市場も見学できて、トモ先生はこれで満足満喫でした🌟

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事