こんにちは、トモ先生です。

6日間滞在したペルーを出発して次の国へ向かいます。でも、たったの6日間でマチュピチュ、クスコ、ナスカの地上絵にリマ市内観光まで出来たんだから、弾丸個人旅行でよく頑張ったぞトモ先生w もちろん、時間があれば予定を立てずにのんびり旅行をしたいのですが、今回はトータル35日間の旅行だから仕方ないよね。

午後15:30、市内からUberを使ってリマ・ホルヘチャベス国際空港へやって来ました。フライトは夕方17:35なのですが、LCCの利用なので機内食サービスがないから搭乗前に軽く食べておきたいなあ。さっきリマ市内で遅めの日本食ランチをしたからそこまでお腹は減ってないんだけどね。

というわけで、国際線ターミナルにあるプライオリティパス対応のラウンジ「Hanaq VIP Lounge」を利用してみました。

ラウンジへはサイン表示があるので迷うことはないと思います。写真のここで左折。
細い通路を20mほど進むとラウンジの受付があります。時間帯によって大行列ができることも。
ラウンジは二層構造になっていて奥にかなり広いです。
トモ先生は階段を上ってすぐのソファエリアに落ち着きました。テーブル下に電源有り〼。
ラウンジ内の無料Wifi速度はこんな感じ。まあ特に不便の無い速度ですね。
こちらはジュース、コーヒーなどのソフトドリンクコーナー。チチャモラーダ(紫トウモロコシのジュース)などペルーご当地モノもありました。
アルコールはこのバーカウンターで注文します。プライオリティパスのサイトには1人1杯までとの表記がありましたが、1人2杯までOKと言われました(2019年3月時点)。
それではフードコーナーを。ここはナッツやチップス、オリーブなど乾きもの系。
サンドウィッチ、クラッカー&ディップ、ローストポテト。
チーズ、フルーツ、温野菜のサラダなどヘルシーなものも。
焼き菓子もいくつかー。
そこまで空腹ではなかったので、ワインをいただきつつクラッカーとチーズディップで休憩。

このラウンジ、フライトの関係で計3回利用する機会(午後、深夜、早朝)があったのですが、深夜は受付に50人以上の大行列ができていて大混雑でラウンジに入れませんでした。早朝はスムーズに入れたものの、時間とともにどんどん人が増えて最終的には満席なんてことも!かなり広い座席数の多いラウンジですが、時間帯によっては無理に入らないで搭乗エリアのカフェで休憩したほうがいいんじゃない?と思いましたw

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事