【2019年1月追記】
管理事務所の方に直接確認しましたが、現在ロック島での宿泊はできませんのでご注意ください。ツアー各社はロック島日帰りツアーのみ催行しています。


こんにちは、とも先生です。

2018-2019の年末年始は友人たちとランタ島へ行ってきました🌟

今回は一人旅ではなく友人たちとのグループ旅行なので、せっかくだから何かツアーに参加したい!キレイな海をスノーケリングしたりビーチでウフフアハハ言いながら追いかけっこしたい!

というわけで、前回とも先生がおひとりさまで参加したロック島ツアーにみんなで行くことにしたよ!

↓2017年12月上旬に参加したロック島ツアーの様子は過去記事をご覧下さい↓

ランタ島からロック島への行き方・アクセス
http://tomosensei.net/archives/1068810244.html

ロック島の宿泊事情とビーチ/海について
http://tomosensei.net/archives/1068810269.html

ロック島の展望台散策と島のご飯事情について
http://tomosensei.net/archives/1068810296.html

ロック島からランタ島へ戻ります
http://tomosensei.net/archives/1068908720.html

ちなみに、前回も今回も利用したツアー会社はパイレーツキング社↓

パイレーツキング/Piratekings Speedboat
https://web.facebook.com/Piratekings-Speedboat-484592561744274/

2017年12月に、とも先生が英語でチャットで申し込んだ時は1,200バーツ。

2019年1月に、とも先生が英語でチャットで問い合わせた時は1,300バーツ。

2019年1月に、友人がタイ語で電話で申し込んだ時は1,100バーツ。

料金が若干変わるようですw
BlogPaint
↑この日も朝から良い天気ー!クロンニンビーチから高速ボートに乗り込みます。

BlogPaint
↑1時間ほどでロック島へ到着し、希望者はそのまま約2時間のスノーケリングツアーへ。

BlogPaint
↑前回はGoproを忘れて海中写真撮れなかったからね!w 今回はバッチリ撮るからね!

BlogPaint
↑ロック島に限らずここいらへんのサンゴさんたちはあまり具合がよろしくありませんが(ハードコーラルはたくさんあるけど)、水の透明度はかなりのものです!

BlogPaint
↑午前のスノーケリングを楽しんだらロック島へ上陸、お待ちかねのランチです!

BlogPaint
↑ランチはツアー会社ごとにブースが別れていて、ぶっかけご飯スタイルでいただきます。

鶏肉のマサマンカレー、フライドチキン、野菜炒め、ご飯、フルーツ、カップケーキ、水、コーラ、パイナップルジュースってな感じのメニューで、お外で食べると美味しいね🌟

BlogPaint
↑食後は出発時間までしばしのフリータイム。ビーチでごろごろするもよし、日陰で読書するもよし。

BlogPaint
↑とも先生は友人Genoと浅瀬でキャッキャ言いながらモルディブごっこをしたりして遊びました。

BlogPaint
↑今回ビックリしたのが「キャンプ場が無くなってる!」。前回泊まったキャンプサイトが更地になっていて、年末年始のハイシーズンなのにバンガローも空っぽ!前回は、この写真の場所にテントが20張ほどあったんだよー!

管理事務所の方に尋ねたら、現在ロック島には宿泊できないとのこと。片言の英語同士でのやり取りだったため事の経緯まではわかりませんでしたが、これが一時的なものなのかどうなのか気になるところです。

BlogPaint
↑名残惜しいけどロック島に別れを告げランタ島へ戻ります。帰りにもう一カ所のポイントでスノーケリングをして終了、最後はきちんと宿泊ホテルまで送ってくれます。

日帰りツアーだけの催行
になってしまったけど、それでも十分楽しめるツアーですよー🌟

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事