【ベトナム】ムイネーで半日現地ツアーに参加してみた①

こんにちは、トモ先生(@teacher_tomo)です。

ちょっと前の話ですが、友人と3人でベトナムへ行ってきました。

ホーチミンから東へ約200kmのところにある海沿いのムイネーに2泊したのですが、このあたりはビーチだけではなく砂丘も有名だということで、半日現地ツアーに参加してみました。

ジープに乗ってムイネーの観光スポットを巡るかなり楽しいツアーだったので2回に分けてご紹介しますね。

現地ツアー内容

予約: ホテルのレセプション
料金: 定員4名のジープ1台1300,000ドン(=約6,000円)
時間: 14:00-18:00
内容: 妖精の渓流、漁村、白砂丘、赤砂丘の4カ所を巡るツアー
*各観光スポットの入場料等は別途現地で支払い

ジープに乗って現地ツアースタート

【午後14:00】
ツアーの車(ジープ)がホテルまで迎えにきてくれたのでさっそく乗り込みます。

ジープを利用した現地ツアーは1台当たりの料金になるので、人数が多ければ多いほど一人当たりの料金が安くなります(最大4名まで)。

なかなか年季の入ったジープで決して乗り心地は良くありませんがなぜかとても楽しいw

最初の目的地へ向けてムイネーのメインストリートを走ります、快晴でうれしいなー。

妖精の渓流/Fairy Stream(Fairy Springs)

【午後14:15】
まず最初にやってきたのは、メインストリート沿いに入口がある妖精の渓流(Fairy Stream/Fairy Springs)というスポット。

写真右奥に棚があるので、靴やサンダルは脱いでここに預けます。

裸足になってから階段を下りると、なんだか茶色い川?渓流?みんな歩いています。

そうそう忘れてた、ここはツアー代金とは別に入場料(15,000ドン=約70円)がかかります。

妖精の渓流へ下りると…なんて言ったらいいんだろう…川にしては水がほとんどないし、道にしてはびしょびしょだし…これが渓流?

他の観光客がどんどん渓流を北上していくのでトモ先生たちも一緒にテクテク。

渓流の両脇にはアイスクリームや軽食を売る屋台、土産物店などがズラリ並んでいます。

砂地の上を水が1-2cmほど流れています。水が温かいので清涼感はないんですけどw

でもこういうところを歩く機会もそんなにないのでとりあえず歩く歩く。

渓流の両脇には崖があったり

砂丘や植木やトイレがあったり

どうやらここは「ムイネーのグランドキャニオン」と呼ばれているらしく、それを知ったトモ先生たちは来た道を引き返すことにしましたw

濡れた砂地の渓流をけっこう歩くので足腰が鍛えられますよー。

ムイネー漁村/Fishing Village

【午後15:00】
妖精の渓流を後にして次にやってきたのはムイネーの漁村(Fishing Village)。

なんだかシーフードレストランの前で降ろされたのでとりあえずお店のシーフード鑑賞。

ムイネーは貝類が名物なのかな?たくさんの種類の美味しそうな貝がありました。

シーフードレストランの隣が展望スポットになっていて、ムイネーの漁村を一望することができます。

たらいみたいな形の丸い小舟がたくさん!

気になるので浜まで下りてみました。

この丸い小舟に乗って漁へ出かけるのかな?小舟体験とかしてみたかったけど、ここでの写真タイムは10分と言われていたのですぐジープへ戻りました。

それでは次はいよいよムイネー名物の砂丘へ向かいます。

快晴の中、ジープのドライブは気持ちいい!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

Warning: getimagesize(/home/tomosensei/teacher-tomo.com/public_html/wp-content/uploads/imgs/2/b/2b1ba8c9-s.jpg): failed to open stream: No such file or directory in /home/tomosensei/teacher-tomo.com/public_html/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508
サメット島旅行Apr/2017
【サメット島旅行】①バンコクから行く近場のお手軽リゾート"サメット島"へのアクセス
こんにちは、トモ先生です。4月の話なのですが、シンガポール在住の友人がバンコクへ遊びに来たので、週末1泊でサメット島へ行ってきました。バンコ...