【世界一周】世界遺産イグアスの滝観光(ブラジル側/午後)

こんにちは、トモ先生(@teacher_tomo)です。

世界一周旅行22日目@ブラジル・フォズドイグアス。

朝、パラグアイのイグアス日本人移住地を出発して、陸路で国境を越えブラジルのフォズドイグアスのホテルに無事チェックインしたトモ先生。

パラグアイからブラジルへの移動は思っていたよりも簡単だったし、まだ時間は午後13:00過ぎだしということで、早速ですがブラジル側イグアスの滝観光へ出発します!

イグアスの滝は、ブラジル側とアルゼンチン側の両方から楽しむことができ、特にブラジル側は日射しの向きの関係で「午前中の観光がおすすめ」とされています。

でもね…イグアスは2泊3日の滞在なので、午後到着して2日後の昼のフライトでもう移動なんです…。

というわけで、午前中がおすすめとされるブラジル側イグアスの滝へ「午後」行ってみました。

訪問日時: 2019年4月上旬/午後15:00-夕方18:00くらい

まずはフォズドイグアスのバスターミナルへ。

ブラジル側イグアスの滝へ行くバスはここを発着します。

バスターミナルからイグアスの滝のビジターセンターまでは約16km。

写真左の黄色いカウンターでバス料金を払ってから入場します。

バス料金(3.75レアル=約110円)。

イグアスの滝へ行くバスは120番。英語表記もあるからすぐに分かるよ。

バスは早朝から夜まで、だいたい20-30分おきに運行しています。

このくらい高頻度に運行しているなら厳密に時刻を気にしなくてもいいね。

午後14:30。

時刻表ピッタリに120番のバスがやってきました、普通の路線バスだね。

車内もいたって普通の路線バス。

途中でイグアス空港に寄ってお客さんを降ろしたり拾ったり。

午後15:00。

30分ほどでイグアスの滝のビジターセンターに到着。

ここでイグアスの滝の入場チケットを購入します。

午後の時間だからかカウンターはガラガラw

イグアス空港に到着したその足で滝観光する場合や、滝観光を終えたその足で空港へ向かう人向けに有料ロッカーも用意されています。

イグアスの滝入場チケット(70レアル=約2,030円)。

現金のほか、各種クレジットカードでの支払いもできました。

ビジターセンターから滝まではさらに10kmちょっと距離があるので、この2階建てオープンバスに乗って行きます。

やはり人気は2階席。早い者勝ちなので、強引になりすぎない程度に強引に座りましょうw

舗装された道路をのんびり走ります。

午後15:40。

イグアスの滝公園の敷地内にある唯一のホテル「ダス・カタラタス・ホテル」そばの停留所で下車。

このホテルに泊まってみたかったけどなあ、高いし満室だったしで外から眺めるだけーw

ホテルを背にして滝方面へ目を向けると、もうそこには轟音を轟かせる絶景へのスタート地点が!

ここから滝までは約1kmにわたって遊歩道が整備されています。

少しずつ緩やかに下って行く道なので、お散歩気分で歩くことが出来ます。

お天気もよいし最高だね。

おすすめだという午前中の混雑具合が分からないけど、午後の時間帯は人も少なめでゆっくり見て歩くことができます。

お!イグアス名物のハナグマさんだ!かわいいなあ!

でもこのハナグマさん。牙や爪がかなり鋭利だそうで、噛まれたりひっかかれたりすると大ケガになることがあるそうです。

感染症のリスクもあるとのことなので、エサをやったり触ったりするのは御法度。

遊歩道にはところどころに展望台があって絶好の撮影スポットになっています。

南米の方々はけっこう自分ファーストのようで、遠慮しているといつまで経っても写真が撮れませんw 譲り合いができなさそうな時は少し強引にいきましょうw

すごい水煙!もうここからでも大迫力です!

そしてそろそろ遊歩道が終わりかな?という頃、ブラジル側イグアスの滝のハイライトスポットに到着!

ここには遊歩道が設置されていて、「悪魔の喉笛」といわれるイグアスの大瀑布を正面から臨むことができます。

ちょうど虹がかかっていてとてもキレイ。

水しぶきが嵐のように打ち付けるので防水カメラとレインコート(もしくは濡れてもOKば服装)必須とのことだったのですが…あれ?

季節的なものなのか、時間帯なのか、風の強さや向きの関係なのか、自分の身体もカメラもほとんど濡れませんでしたwww

午前中の風景がどのくらい素晴らしいかは分からないけど、午後の時間もステキだよ。

みなさん記念撮影で大忙し。みなさんもほとんど濡れていません。

高所恐怖症のトモ先生ですが、あまりの大迫力に高所恐怖症であることも忘れてしまいましたw

展望タワーの上階から臨むイグアスの滝。絶景すぎてうっとりしちゃうw

タワーにはレストラン、トイレ、お土産物屋さんなど必要なものがそろっていますよ。

2階建てオープンバスに乗ってビジターセンターへ。

展望タワーそばにバス停があるので、出発地点まで戻らなくても帰りはここからビジターセンターに直接戻ることができます。

夕方18:00。

ビジターセンターからバスに乗ってイグアスの街へ戻ります。

バス料金(3.75レアル=約110円)。

午前中がおすすめだというブラジル側イグアスの滝へ午後行ってみたわけですが、

  • 午前中より訪問客が少ないので比較的ゆったりと観光できる。
  • 午後の柔らかい日射しがアンニュイでなんかステキ。
  • 午後だからといって別にすべてが逆光になるわけではないみたい。
  • トモ先生の場合は所要3時間で満喫満足しました。

というわけで、午後に訪れても楽しめました、ってかイグアスの滝最高でした!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事

Warning: getimagesize(/home/tomosensei/teacher-tomo.com/public_html/wp-content/uploads/imgs/4/7/47273e25-s.jpg): failed to open stream: No such file or directory in /home/tomosensei/teacher-tomo.com/public_html/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508
バンコク生活
スープカレーも美味しいレトロ居酒屋☆「トンロー横丁」へ行ってきた!
こんにちは、トモ先生です。先月の話しですが、友人に誘われて久しぶりにトンローソイ18にある居酒屋さん「トンロー横丁」へ行ってきました。ここっ...